INTERVIEW

先輩社員の声

目標を常に持って
チャンスがある環境をまずは見つけよう

2015年度入社 製造部MAチーム

柚木 雅大MASAHIRO YUKI

目標を常に持って
チャンスがある環境をまずは見つけよう

2015年度入社 製造部MAチーム

柚木 雅大MASAHIRO YUKI

製造部MAチーム 業務内容と一日の流れ

入社して、初めの一年は、切削や研磨を行う部門にいました。製造部MAチームに配属されたのは、入社2年目からになります。

私たち製造部MAチームの業務は設備の自動化、専用機の設計製作、設備のメンテナンス及び修理等大変幅が広くなっています。自動化及び専用機設計製作は、自分で設計して自分で組み立て、動きに問題のないことを確認するところまで、すべてを自分で責任をもって行います。当然実力がないとできない仕事なので、今は設備修理を担当して電気・メカ等何の修理でも対応して覚えることでスキルアップを図っています。
今の設備は自動車と同じく電動化が進み、センサーが一つ壊れただけでも動きません。電気信号を送る箇所などがだめになってしまうと、次のステップに進めないため、一日中機械が止まってしまうこともあります。

一日の流れとしては、朝来た者がまずは夜勤で発生した修理内容のチェックを行うことから。夜勤で勤務中に終わらなかったような案件があれば、引き継ぐ必要があります。数日ほどかかりそうな案件であれば、数名のチームを組んで行います。何をどのように、誰が担当するのかを決めるのです。その中で修理内容が不明確であれば、すぐに上司へ報告と相談します。

修理が全く発生しないという日に行うことは、先輩に教わりながらの自動化の案件。その他設備やメンテナンスなどの改善も行ったりします。

製造部MAチームとしてのやりがい

自分が修理にあたった際に、現場の方から「ありがとう」と言われることは何よりもうれしいです。また、故障原因が中々分からなかった時に、自分で調べて考え再チャレンジし、それがうまく作動した瞬間はとても達成感があります。今のチームへ配属されて、その達成感を強く感じるようになりました。オートバイが好きなのですが、少しの故障なら自分で原因を突き止めて修理します。もともと、物を組み立てて何かを作るということが好きだったので、製造業を他にも何社か受けました。エヌティー精密は一番初めに内定をいただいた会社です。


今後の目標と5年後、10年後のキャリアビジョン

今後はタイ語やインドネシア語も習得していきたいです。
自分は海外拠点であるタイやインドネシアの言葉をまだ覚えていません。しかし、現地の方々は日本語を習得するのがとても早く、これは見習わなければなりません。5年後のキャリアビジョンとしては、常に新しい技術を意識し、それを習得するためにはどのような知識が必要なのかを把握し、次の目標やステップがきちんと決められるようになりたいです。10年後は海外で活躍していたいですね。
エヌティー精密に入った理由も、実は海外に拠点を持っているという点でした。

就活生へのメッセージ

他に譲ることができないような目標を常に持つこと。自分は海外勤務を目指すというところが目標でした。このように何か達成できるような目標と、目標が持てるようなチャンスを見つけて下さい。